各部門紹介看護部

Home各部門紹介看護部>外来・内視鏡・透析

外来・内視鏡・透析

外来(一般)

 主な診療科は一般内科、消化器内科、消化器外科、腎臓内科、循環器内科、血液内科、呼吸器・アレルギー科など幅広く対応しています。 また、特殊外来では緩和外来、禁煙外来、セカンドオピニオンを行っています。
 平成23年には外来化学療法室が整備されTV付き一般ベッドとTV付リクライニングチェアーを完備し、治療中の患者様に寄り添い、苦痛を少 しでも緩和できるように配慮しております。さらに、胃がん検診、大腸がん検診、膵臓・胆嚢健診、特定健診、特定保健指導、半日ドック等 も実施しています。日々来院される患者様にご満足頂ける看護を提供できるよう努力しています。

外来検査室(内視鏡)

 検査部門では各診療科からの消化器内視鏡検査(経鼻内視鏡も含む)のほか H28年度より呼吸器科による気管支内視鏡も導入されました。また消化器科 による緊急内視鏡のほか 非血管、血管のインタベーション治療にも対応し ています。患者様の安全と安心を第一に、信頼される医療や看護が提供されるよう、消化器科医師、放射線科、看護師が連携し日々努力しているところです。

 

 

透析室

 27床全台がオンラインHDF・間歇補充型血液透析ろ過(I-HDF)対応となっており、新規導入から維持透析・旅行透析など約50名の患者様が治療を行っております。患者様の状態に合わせた透析方法を選択し、より安全で安心な透析治療を目指し、チームワーク抜群で笑顔あふれる透析室です。