診療科のご案内センター機能

Home診療科のご案内センター機能>緩和ケアセンター

緩和ケアセンター

1. 緩和ケア病棟について

緩和ケアとは、患者さまやご家族のつらさを和らげ、自分らしい生活を送るための医療です。私たちは、患者さまのがんという病いに伴うからだの痛み、様々な不安や悩みといった苦痛をできる限り和らげ、患者さまやご家族の希望に沿うことができるよう支援いたします。

緩和ケア病棟では、がんを治すための治療(手術療法・化学療法・放射線療法)や、身体の負担になるような検査・処置などは控えていますが、苦痛な症状を取り除くための治療や最小限の検査は患者さまやご家族とご相談しながら行います。

2. 緩和ケア病棟の理念

【今までの】生活を大切にする医療を実現します。

3.緩和ケア病棟の基本方針

  • 痛みやその他の苦痛となる症状を緩和する。
  • 生命を尊重し、死を自然なことと認める。
  • 無理な延命や意図的に死を招くことをしない。
  • 最後まで患者がその人らしく生きてゆけるように支える。
  • 患者が療養している時から退院されたあとまでも、家族がさまざまな困難に対処できるように支える。
  • 病気の早い段階から適用し、積極的な治療に伴って生ずる苦痛にも対処する。
  • 患者と家族のQOLを高めて、病状に良い影響を与える。
  • 上記の基本方針は、日本ホスピス緩和ケア協会の基本方針に準ずる。

4.入院基準(または、当院入院にあたって)

  • がん・白血病などの悪性腫瘍と診断されている。
  • 悪性腫瘍に伴う苦痛があり入院を要する。
  • 積極的ながんの治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療など)を行わない。
  • 患者様やご家族が緩和ケア病棟の機能を理解している。
  • 患者様やご家族が病名・病状を理解している。
  • 患者様やご家族が緩和ケア病棟への入院を希望している。
  • レスパイトケアの場合、短期入院であることを了解している。
入院にあたりご理解いただきたいこと

以下の場合、入棟をお受けできません。

  • 介護が主な目的となる場合
  • 人工透析の継続を希望されている場合
  • 苦痛症状が緩和された場合、自宅療養や治療再開のための退院調整を行います。
  • 在宅療養中の一時的な入院や体験入院も可能です。

5.入院までの流れ

入院は、緩和ケア病棟入棟申込をしていただき、入院判定会議において決定いたします。

入院を希望される患者さま・ご家族へ
入院を考えられている方は、入棟申込書の記入、紹介状などが必要となりますので、かかりつけの主治医にご相談ください。その後、病棟見学、面談をさせていただきます。
また、病棟見学のみも受け付けておりますので、お電話でご予約をお願いいたします。
入棟申込書 (PDFファイル 120KB)
緩和ケア病棟申込書 (PDFファイル 270KB)
医療者の方へ
地域医療連携室をご覧ください。

6.入院費用

緩和ケア病棟では、厚生労働省の定めるところにより、定額制となっており、入院期間によって異なります。

入院期間が30日以内 49,260円 / 日
入院期間が31日から60日以内 44,000円 / 日
入院期間が61日以上 33,000円 / 日

種健康保険や高額医療費助成制度等が一般病棟と同様に適用となります。有料個室の差額料金は実費負担となります。

差額ベッド(個室)料について

緩和ケア病棟は全部で18床です。
個室が10室あり、そのうち7室は有料です。2人部屋が4室あります。

部屋タイプ 室数 料金 備考
1 有料個室 7室 4000円(税抜) 室内にトイレ、冷房完備
2 無料個室 3室 無料 上記設備なし
3 2人部屋(Aタイプ) 3室 無料 室内にトイレ有
4 2人部屋(Bタイプ) 1室 無料 上記設備なし

7. 施設案内

有料個室、無料個室、2人部屋、ホール、家族控室、キッチン