病院のご紹介医師紹介

Home病院のご紹介>医師紹介

院長 本間 久登 Dr.

専門分野 消化器内科、肝、胆、膵疾患
インターベンション治療
資格 医学博士
日本肝臓学会 指導医
日本消化器病学会 指導医
日本消化器内視鏡学会 指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本内科学会 認定内科医

名誉院長 高田 正玄 Dr.

専門分野 一般内科・循環器内科
資格 日本内科学会 認定内科医

副院長 緩和医療センター長 血液・腫瘍内科診療部長 古川 勝久 Dr.

専門分野 癌の化学療法・血液病の診断と治療
緩和医療
内科一般
資格 医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本血液病学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本緩和医療学会 暫定指導医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター

副院長 化学療法センター長 消化器内科診療部長  高橋 稔 Dr.

専門分野 消化器内科(肝胆膵・消化管)
進行癌に対する全身化学療法およびIVR治療
標準治療抵抗性乳癌肝転移
資格 医学博士
日本消化器病学会 専門医 指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医 指導医
日本肝臓学会 専門医 指導医
日本がん治療認定医機構がん治療 認定医
日本内科学会 総合内科専門医

腎臓内科診療部長 黒田 せつ子 Dr.

専門分野 腎臓内科
循環器内科
高血圧
資格 医学博士
日本内科学会 認定総合内科専門医
日本腎臓学会 専門医
日本循環器学会 専門医
日本透析医学会 専門医
日本高血圧学会 専門医・特別正会員(FJSH)・評議員
日本医師会 認定産業医

消化器内科診療部長 大井 雅夫 Dr.

専門分野 消化器内科(胃・腸・肝・胆・膵)
がんの診断と治療
資格 医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医

一般内科診療部長 森井 一裕 Dr.

専門分野 一般内科・血液内科
禁煙外来
資格 日本内科学会 認定内科医

消化器外科部長 竹内 幹也 Dr.

専門分野 消化器外科
資格 医学博士
日本外科学会 専門医・指導医・認定医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能 名誉指導医

消化器内科診療部長 土居 忠 Dr.

専門分野 消化器病の診断と治療
肝臓内科
資格 医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 指導医
日本消化器内視鏡学会 指導医
日本肝臓学会 指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医

消化器内科診療部長 秋山 剛英 Dr.

専門分野 消化器病の診断と治療
肝・胆・膵のインターベンション治療
資格 医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医

消化器外科医師 吉田 直文 Dr.

専門分野 消化器外科
資格 医学博士
日本外科学会 専門医
日本消化器病学会 専門医

消化器外科・乳腺外科医師 米森 敦也 Dr.

専門分野 消化器外科
乳腺外科
資格 医学博士
日本外科学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本がん治療認定機構がん治療 認定医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療 認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医

消化器内科医師 宇佐美 信 Dr.

専門分野 消化器病の診断と治療
資格 日本内科学会 認定内科医

非常勤医師 平田 健一郎 Dr.

専門分野 -
資格 医学博士
日本超音波医学会 認定専門医・指導医
日本消化器がん検診学会 認定医・指導医
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医・指導医

非常勤医師 重原 克則 Dr.

専門分野 呼吸器内科・アレルギー科
資格 医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本呼吸器学会  指導医・専門医
日本アレルギー学会 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医
日本結核病学会
結核・抗酸菌症 認定医・指導医
肺がんCT検診 認定医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
公職 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会 評議員

非常勤医師 藤井 咲子 Dr.

専門分野 循環器内科
資格 日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 専門医

非常勤医師 松崎 智哉 Dr.

専門分野 循環器内科
資格 日本胸部外科学会 終身認定医
麻酔科標榜医
日本医師会 認定産業医

当院医師の主な論文

膵臓

  1. 本間久登、秋山剛英、女澤慎一、高橋稔、大井雅夫、岡本哲郎、中野洋一郎、古川勝久、平田健一郎
    局所進行膵癌に対する血流改変後の動注化学療法 肝胆膵;59(5):1021-1030,2009
  2. 本間久登、秋山剛英、女澤慎一、高橋稔、平田健一郎、古川勝久、富田敦 膵周囲動脈塞栓術(血流改変)による膵癌動注化学療法 肝胆膵画像;11(2):155-166,2009
  3. 本間 久登 膵臓癌に対する動脈塞栓術と動注化学療法の応用.-膵臓癌Current Organ Topics.癌と化療;34(10):1572−1575,2007
  4. 本間 久登 切除不能膵癌に対する膵周囲動脈塞栓術と動注化学療法.医学のあゆみ;222(1):63−67,2007
  5. 本間 久登 進行膵癌に対する膵周囲動脈塞栓術と肝脾動注化学療法.進行癌の治療の進歩,消化器疾患U 肝・胆・膵.別冊 医学のあゆみ;464−467,医歯薬出版(株).2006
  6. 本間久登、秋山剛英、女澤慎一、平田健一郎、古川勝久、他.
    進行膵癌に対する膵周囲動脈塞栓術 後の動注化学療法. 消化器画像; 7(5): 673-684, 2005.
  7. 本間久登
    膵癌: 膵周囲動脈塞栓術と血流改変術. 胆道・膵疾患のインターベンション治療Medical View); 36-43: 2004.
  8. 本間久登、秋山剛英、高橋 祥、女澤慎一、土居 忠、新津洋司郎.
    動注化学療法(進行膵癌の治療)  特集:消化器疾患における最近の(III)―胆道・膵臓. 医学と薬学; 52(6): 898-904, 2004.
  9. Homma H, Akiyama T, Mezawa S, Hirata K, et al. Advanced Pancreatic Carcinoma Showing a Complete response to Arterial Infusion Chemotherapy. Int J Clin Oncol; 9: 197-201, 2004.
  10. 秋山剛英、本間久登、女澤慎一、古川勝久、他.
    進行膵癌に対する膵周囲動脈塞栓術と動注リザー バー留置における治療手技の工夫.癌と化学療法; 31(11): 1730-1732, 2004.
  11. 本間久登、秋山剛英、高橋祥、女澤慎一、土居忠、新津洋司郎
    動注化学療法;医学と薬学・第52巻第6号52:898,2004
  12. 本間久登、秋山剛英、女澤慎一、平田 健一郎、他.
    進行膵癌に対する膵周囲動脈塞栓術と動注化学療法. 胆と膵; 24(9): 645-653, 2003.
  13. 本間久登、女澤慎一、土居 忠、秋山剛英.
    膵臓癌に対する interventional radiology. 外 科; 65(10): 1183-1189, 2003 .
  14. 本間久登、秋山剛英、女澤慎一、他.
    進行膵癌に対する5-fluorouracilとGemcitabineの動注化学療法.消化器科36:403-407,2003
  15. 本間久登
    切除不能膵癌に対する新たな動注化学療法. 癌と化学療法; 29(3): 383-389, 2002.
  16. 土居 忠、本間 久登、女澤 慎一、秋山 剛英、村上 研、平田 健一郎、高梨 訓博、井山 諭、新津 洋司郎.
    進行膵癌への膵周囲動脈塞栓術における CT Arteriography の有用性. 癌と化学療法; 29(12): 2298-2301, 2002.
  17. 本間久登
    切除不能進行膵癌に対する動注化学療法. 外科治療; 84(6): 989-995, 2001.
  18. 本間久登、女澤慎一、他.
    肝転移を伴う進行膵癌の膵周囲動脈塞栓術と動注化学療法.   癌と化学療法; 28(11):1558-1561, 2001.
  19. 茎津武大、本間久登、女澤慎一、他.
    進行膵癌の動注化学療法に使用したリザーバの検討 -Dual Chamber ModelとSingle Chamber Modelの比較-. 癌と化学療法; 28(11): 1562-1564, 2001.
  20. 土居 忠、本間久登、女澤慎一、他.
    メシル酸ナファモスタット持続動注が有効であった膵仮性嚢胞破裂に よる膵性腹水の一例. 日本消化器病学会雑誌; 98 (11):1304-1308, 2001.
  21. 本間久登
    消化器病学におけるインターベンション治療の進歩
    札幌市内科医会会報 第8号10-11 2001
  22. 女澤慎一、本間久登、他.
    消化管出血をきたした背側膵動脈瘤に対し動脈塞栓術が奏功した1例.日本 消化器病学会雑誌 2000;97(3):362-36.
  23. 本間久登
    進行膵癌の治療へのアプローチ.治療; 82(10): 92(2564)-96(2568), 2000.
  24. Homma H, Mezawa S, Akiyama T, et al.
    A norvel arterial infusion chemotherapy for the treatment ofpatients with advanced pancreatic carcinoma after vascular supplydistribution via superselective embolization. Cancer 2000; 89(2):303-313.

胆道

  1. 高橋祥、本間久登、秋山剛英、女澤慎一、古川勝久、平田健一郎、他.悪性胆道狭窄に対するメタリックステントとチューブステントによる内ろう術の検討. 癌と化学療法; 32: 1630-1632, 2005.
  2. 本間久登、女澤慎一.
    胆管癌: 抗悪性腫瘍薬徐放カテーテル(CCT)と胆道内留置カテーテル(H-PSD)を用いた胆道内瘻術. 胆道・膵疾患のインターベンション治療(Medical View); 124-130: 2004
  3. 女澤慎一、本間久登.
    抗癌剤の Delivery System としての胆管 Stenting. 消化器内視鏡;15(9): 1235- 1239, 2003.
  4. 高梨訓博、本間久登、女澤慎一、秋山剛英、平田健一郎、他. Gemcitabine/5-FU 併用化学療法が奏効した胆管細胞癌の1例. 肝臓; 44(6): 301-306, 2003.
  5. Mezawa S, Homma H, et al.
    A study of carboplatin-coated tube for the unresectable cholangiocarcinoma. Hepatology 2000;32(5): 916-923. 

肝臓

  1. 高橋祥、本間久登、秋山剛英、女澤慎一、平田健一郎、古川勝久、他. 放射線化学療法が著効した肺転移をともなう肝細胞癌副腎転移の1例. 肝臓; 47(5); 258-265, 2006.
  2. 本間久登、女澤慎一.
    肝癌の治療戦略 動注化学療法、動脈塞栓術の位置付け. 外科治療: 93(1), 41−46, 2005.
  3. 女澤慎一、本間久登.
    肝臓癌、 緩和医療学6(3); 31(231)−37(237): 2004.
  4. Homma H, Mezawa S, et al.
    A Comparative Randomized Triasl of Intermittent Intrahepatic Arterial Carboplatin- Versus Doxorubicin-Lipiodol Emulsion in Advanced Hepatocellular Carcinoma (Stage IV) . Hepato-Gastroenterology; 51: 1135-1139, 2004.
  5. Mezawa S, Homma H, Akiyama T, Hirata K, Kogawa K, et al.
    Selective Embolization of the Splenic Vein in Patients with Hepatic Encephalopathy and Splenorenal Shunt. J Vasc Interv Radiol; 15: 1475-1481, 2004.
  6. 女澤慎一、本間久登、秋山剛英、古川勝久、平田健一郎、他.
    TIPSの長期予後の検討. 日本門脈圧亢進症学会雑誌; 8(2): 91-95, 2002.
  7. Doi T, Homma H, Mezawa S, Kogawa K, et al.
    Mechanisms for increment of platelet associated IgG and platelet surface IgG and their implications in immune thrombocytopenia associated with chronic viral liver disease. Hepatology Research; 24: 23-33, 2002.
  8. 高田弘一、本間久登、女澤慎一、他.
    肝静脈より門脈を介した緊急 胃食道静脈瘤塞栓術の検討. 日本門脈圧亢進症学会雑誌; 6:249- 252, 2001.
  9. Mezawa S, Homma H, et al.
    Effect of Transjugular Intrahepatic Portsystemic Shunt Formation on Portal Hypertensive  Gastropathy and Gastric Circulation. Am J Gastroenterol; 96(4):1155-1159, 2001.
  10. 土居 忠、本間久登、女澤慎一、他.
    Degradable starch microspheres(DSM)併用動注化学療法が奏効した直腸カルチノイド腫瘍多発性肝転移の1例.  日本消化器病学会雑誌; 98(4): 410-415, 2001.
  11. 本間久登、女澤慎一、他.
    C型慢性活動性肝炎および代謝性C型肝硬変に対するγIFNα-2a高用量投与の検討. 新薬と臨床   2000:49(11)

がん緩和医療

  1. 本間 久登、
    緩和医療におけるインターベンションの役割.栄養管理からみたがん緩和医療;19−26,真興交易(株).医書出版部.2007.
  2. 古川 勝久、
    嘔気・嘔吐の治療.栄養管理からみたがん緩和医療;168−176.真興交易(株).医書出版部.2007.

その他

  1. 高橋祥、秋山剛英、女澤慎一、平田健一郎、本間久登、古川勝久、他
    出血源と考えられた十二指腸脂肪腫の1例. 日本消化器内視鏡学会雑誌; 48: 191-197, 2006.
  2. Mezawa S, Homma H, Hirata K, et al.
    Superselective Transcatheter Embolization for Acute Lower Gastrointestinal Hemorrhage after Endoscopic Mucosal Resection : A Report of 3 Cases. Hepato-Gastroenterology; 50: 735-737, 2003.
  3. Mezawa S, Homma H, et al.
    Spontanous Rupture of Renal Metastasis of Hepatocellular Carcinoma: Management by Emergency Transcatheter Arterial Embolization. Cardiovasc Intervent Radiol; 24:143-144, 2001.