看護部・放射線科・臨床検査科・薬剤科・栄養科各部門紹介

Home各部門紹介>薬剤科

薬剤科

薬剤科理念

薬物療法において、
チーム医療を通じ「安心」「安全」かつ「質の高い医療」を提供する。

薬剤科は現在、薬剤師6名と助手2名で日々の業務を遂行しています。当院は病棟ごとに専任の薬剤師を配置し、医師や看護師など他の医療スタッフと協力し、患者さまに対する薬物療法が有効かつ安全にそして効率よく行われるよう日々努力をしています。

薬剤科

調剤業務

当院では外来患者さまに対しては院外処方箋を発行しており、調剤業務は主に入院の患者さまを対象に行っています。医師からの処方箋に基づき、飲み方・量・副作用・飲み合わせなどをチェックし調剤を行なっています。
1回分のお薬を一包化し、また服用日の記入や錠剤の粉砕化など、患者さま一人ひとりに合わせて最適な服用方法を提供するためにオーダーメイド調剤を行なっています。

注射薬調剤

注射薬は直接血管内に投与されることから一般的に内服薬よりも効果が速く、より強い作用をもつため慎重に使用する必要があります。注射薬の調剤では患者さまの年齢、体重、基礎疾患やその時の症状を考慮し、適切な投与量、投与方法、投与期間や配合禁忌(混ぜてはいけない薬)などのチェックを行い、より適切な注射薬の投与に努めています。また、チェックした薬品は患者さまごとに一日分ずつ払い出しをすることで安全性を確保しています。

抗悪性腫瘍剤調製業務

抗悪性腫瘍剤調整業務注射薬の抗がん剤の調製は、特に正確で衛生的な作業が要求されます。
抗がん剤治療は患者さまの身長や体重・症状などにより使用する薬剤や量が異なりますので、患者さまごとに必要量を厳密に調製する必要があります。
調製時は入院・外来ともに、すべて薬剤師が安全キャビネット(クラスII)内で行い衛生的な調製を行なっています。
また、処方内容の確認から薬剤の準備、調製と監査を複数の薬剤師が担う手順とし、チェック体制も強化しています。

抗がん剤調製件数 月平均 285件

薬剤管理指導業務

入院患者さまが安心して適正な薬物療法を受けられるよう、主治医からの依頼に基づいて、お薬に関する指導や服用(使用)方法、効果、副作用について説明、確認を行っています。また、他の病院でもらっているお薬や飲み合わせの確認にも対応しております。

医薬品管理業務

病院内において、約800種類の医薬品の購入、保管そして各部署への払い出し等、一貫した管理を行っています。高価な薬品も多数あり、在庫切れ、使用期限切れがないよう適正な在庫を管理する体制を整えており、特に、品質の管理(温度、湿度、光)には万全を期しています。

薬剤科の見学について

見学は随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
見学の場合は下記にお問い合わせください。

Mail yakkyoku@gorinbashi.or.jp 松澤宛